一日の出来事

一日の芸能、社会、政治、事件ネ最新情報を簡潔速報

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

通潤橋とは


通潤橋(つうじゅんきょう)は、江戸時代1854年(嘉永7年)に阿蘇の外輪山の南側熊本県上益城郡山都町(旧・矢部町)の五郎ヶ滝川(緑川上流に位置する一支流)の谷に架けられた石組みによる用水の水路橋である。


通潤橋は、石工(匠)の技術レベルの高さを証明する歴史的建築構造物である。
通潤橋の中央上部両側に放水口が設置されており(川の上流側に2つ、下流側に1つ)、灌漑利用が少ない農閑期には観光客用に時間を区切って20分程度の大規模な放水を行っている(詳細は下記山都町公式HP参照)。
通潤橋に石橋が建造されたのは、石材が川底に大量に存在していたことも理由の一つである。

スポンサーサイト
  1. 2007/05/30(水) 22:00:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ユーチューブの話 | ホーム | 松下電器産業という会社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://net007.blog106.fc2.com/tb.php/15-5cc1a918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。